5代目ブロガー’うに’です。東北大学学友会ハンドボール部の情報をお届けします!
東北大学ハンドボール部のブログ
やっぱりデフェンスが大事です
2011-12-22-Thu  CATEGORY: 未分類
明日は忘年会。





あさっては天皇誕生日。






しあさってはクリスマスですね\(^o^)/


特に予定がないであろうハンド部の皆さまはどう過ごすんですか??









このまえ、友人が



「5徹した状態で23日の23時59分に寝れば、起きたら26日になってるんじゃね??(^。^)y-.。o○」


と究極的に馬鹿げたことを言ってました。



クリスマスをなかったことにしたい人は是非お試しを!26日に起こしてあげるよ!!(でももう5徹はできないか・・・)










今日は、年内最後の二高での練習でした。



震災以降、二高には本当にお世話になりっぱなしでしたね。本当にありがとうございます。





でも試合はあまり良くなかった!


デフェンスが原因だと感じたのは俺だけじゃないはず。


うちらがいい時は大体デフェンスが安定して速攻で点が取れるときだからね


気付いた点をいくつかあげます。



1、そもそもすべてを守ろうとするのが間違っている!!


すべてを守ろうとして何が悪いと思うかもしれないですが、実際、完璧に守るということは不可能です。


うちらは体も大きくないし、身長もめっちゃ高いわけでもないので守れない分は隣にフォローしてもらうべきです。


例えば、12メートルから単発のロングシュートやものすごい狭いサイドシュートを決められたとする。


これはちゃんと前に出なかったのが悪いのか?サイドが悪いのか?


そうではないと思います。キーパーが悪いorシューターがすごいと考えるべき!


まぁこれは大げさな例えですが、1対1で守れないと感じたらまず、どっち側を抜かせててはいけないのかをその都度判断すべきです。



試合後も言ったけど、ゴールに対して平行に立つのではなくて、どちらかの足を前に出して守るようにしましょう。







2、1&2枚目の運動量が足りなすぎ


基本的に1,2枚目のデフェンスが低いです。



1枚目はデフェンスに戻ってくると、ただ立っているだけでいることが多いです。



クロスアタックにでることもできるし、サイドにパスさせないようにすることだってできるはずです。



もっと相手が嫌がることをできるようにしてください。高めに出てれば速攻に出やすいし




2枚目も低いから1対1抜かれたら、フォローいけないです。



低いと1対1の間合いも悪いです。



センターと45の距離が遠かったら、45にパスさせないくらい出てもいいし



クロスアタックにも出てもいいし



1,2枚目も相手に、ちょっかいだすには初期位置がある程度高くなければいけないですよ。






今、考えるといろいろ出てくるもんだなぁ(-_-)


とりあえず、相手にやられるのではなく相手にやらせるデフェンスができるようになれば、相当楽になると思います。


まぁそれにはある程度の経験が必要だと思うから、1年生なんかはわかんないと思うけどただ守るよりそっちの方が楽しいと思います。


デフェンスは正直得意じゃないし、好きじゃないけど、このチームでは俺は経験ある方だと思うから学んだことを伝えることが引退までの仕事ですね。




スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 東北大学ハンドボール部のブログ. all rights reserved.